ダイエットって辛いものです。このサイトでは、ダイエットの定番「あるある大事典」や「ミラクルシェイプ」の情報や、世の中にあるあるできるだけ簡単にダイエットができる方法を探して紹介していきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


がダイエットにいいと知らなくても、ダイエットをしていれば自然に水を飲んでいる方も多いと思います。

ダイエットにいいとされる水には、普通の水や炭酸水、レモン水などがあります。炭酸水は、炭酸が空腹感を満たしてくれるということでダイエットに効果的であり、レモン水はレモンがクエン酸の効果で脂肪がつきにくくなる効果があります。

でもやはり、ダイエットに欠かせない水といえばやはり普通の水です。水を飲みすぎると水太りになるという方もいますが、そんなことはありません。

水を使ったダイエット方法は、水を1日に約2リットルぐらい飲むというものです。ただ、一気に飲むのではなく、ちょっとずつ飲むというのがこのダイエットのコツです。2リットルのペットボトルの水を1日で飲むように心がけてくださいね。

さて、この水ダイエットの効果ですが、水を飲むことで満腹感を得ることができるので、食事の量が減ります。また、カルシウムなどミネラル分が含まれている水を飲むことで、老廃物の排出が促されたり、便通がよくなり、代謝が促進され太りにくい体質になります。

ダイエット目的で飲む水は、ミネラル分を多く含んでいいる硬水が向いているとされています。硬水は苦手な人もいるのですが、ダイエットをしている方はできるだけ硬水をおすすめします。

おすすめの水はコントレックスです。最近コントレックスはダースで安く売っているので、お値段的にもおすすめの水ですよ。

ピラティスのダイエット効果はどのぐらいあるのでしょうか。

私も先日ピラティスの体験に行って来たのですが、正直かなり満足で体もすっきりしました。インナーマッスルを鍛えるということでダイエット効果もかなりあると思っています。

先日の、ピラティス教室体験の記事は下記にあります。
ピラティス教室でダイエット

ピラティスは、鼻から吸って口から吐く胸式呼吸を行いながら運動を行っていきます。

ピラティスは、ダイエットのために生まれたのではなく、病気の人のリハビリのために生まれたエクササイズなので、運動の苦手な人でも十分行うことができます。

ピラティスの最大の目的は骨の周辺にある姿勢を保つ筋肉、つまりいつも使う筋肉(これをインナーマッスルとも呼びます)を鍛えることにあるます。

インナーマッスルを鍛えることにより、姿勢が良くなり、歪んでいた体が矯正されて、バランスのいい体ができてきます。そういえば、ピラティス教室のインストラクターの方って姿勢がいいですよね。

このインナーマッスルを鍛えることで、基礎代謝量がアップしたり、体が引き締まり、ダイエットに効果があります。

また、ダイエット効果だけでなく、ピラティスは肩こりや腰痛、ストレス解消などにも効果があり、体質を改善したい方にはおすすめのエクササイズです。

私も、普段肩こりがひどいのですが、ピラティス体験を行った後は肩こりがなくなりました。ただ、続けなければ意味がないと思いますが・・・。

ジムなどでの激しい運動とは違いますが、ピラティスが終わった後の爽快感は激しい運動の後より心地いい感じです。

ダイエット効果を期待する方だけでなく、肩こりのひどい方や、体質改善をしたい方に是非おすすめです。

黒豆茶はダイエットに効果があるということで、黒豆茶の効能について調べてみました。

黒豆茶は、もちろん黒豆からできたお茶です。
黒豆の本当の名前は、黒大豆といい、黒豆の原産地の中国では昔から薬として利用されてきました。

日本でも兵庫県の丹波篠山が産地として有名です。

黒豆は皮をむくと通常の大豆と同じですが、この皮にダイエットに欠かせないシアニジンという成分が含まれています。これが黒豆茶のダイエット効能を左右する成分になります。

このダイエット効能のあるシアニジンですが、黒豆には他の食品と比べて非常に多くのシアニジンが含まれています。これをお茶で摂取することで簡単にダイエットが可能となるわけです。

黒豆のシアニジンがなぜダイエット効能があるかというと、シアニジンは食事で摂取した脂肪を包み込んで、脂肪が腸に吸収されるのを防ぎ、脂肪をそのまま体外へ排出してくれます。

ダイエットの大敵である脂肪が、黒豆のシアニジンによって吸収されないので、もちろんダイエットに効能があるのが分かります。

また、シアニジンには、血液をサラサラにする効能や、血圧を下げる効能があるので、生活習慣病の予防にもなります。

最近は、黒豆茶や黒豆ココアなどが販売されているので、ダイエットする際も困らないのではないでしょうか。

黒豆茶を飲んでダイエットしてみてはいかがですか。

ファスティングダイエットというのを御存知ですか。

ファスティングダイエットは、ファスティングは日本語に訳すと「断食」ですので、日本語でいうと断食することによってダイエットを行う方法です。

しかし、ファスティングダイエットは通常の断食のように、食べ物を一切食べないのとは違い、約3日間いつも食べている食事をやめて、野菜ジュースでだけを飲んで栄養素を補うという短期集中型のダイエットです。

短期集中ということで、合宿してダイエットを行うこともできるようです。

ファスティングダイエットで飲む野菜ジュースは、リンゴやパイナップルを始めとする果物から、ニンジン、ほうれん草などの野菜までを混ぜて作ります。

ファスティングダイエット中はこの野菜ジュースと、水のみを摂取します。野菜ジュースは糖分をコントロールして1日のカロリーを1000キロカロリー以下に調整します。

このファスティングダイエットは断食といっても、野菜ジュースを飲むので、それほど空腹感を感じることはないようです。

野菜ジュースを作るのがめんどくさいという方は、トロピカルファスティングダイエットという飲み物もあるようです。

内臓もキレイにできる、ファスティングダイエットを試してみてはいかがですか。

プチ断食ダイエット|プチ断食ダイエットの方法、効果とは

ダイエットをすると亜鉛不足になる可能性が高いということを御存知でしょうか。

食物繊維を摂取することがダイエットに効果的であることから、ダイエット中に食物繊維を摂る方は多いと思いますが、これが亜鉛不足の原因になると言われています。

ダイエットに効果的な食物繊維を多くとることにより、亜鉛が食物繊維と一緒に体外に排出されるため、亜鉛不足に陥ります。

亜鉛不足になると、記憶力が落ちたり、肌の色が悪くなったり、肌の艶がなくなったりします。また、鉄分不足にもなるため、結局は体の新陳代謝まで低下してしまい、ダイエットに逆効果になる可能性があるのです。

しかし、ダイエットに必要な食物繊維をやめることはできません。

大人が1日に摂取しなければならない亜鉛の量は約15mgといわれています。

そこで、亜鉛不足を解消するために、食物かサプリメントから亜鉛を接収する必要があります。

亜鉛を食物から摂取する場合は、吸収を高めるために亜鉛が含まれている食物とすっぱい調味料を一緒に摂取することがおすすめです。

亜鉛が多く含まれている食べ物は、牡蠣・豚レバー・うなぎの蒲焼などです。

ダイエット中の方は、亜鉛不足にも十分気をつけましょうね。

炭水化物抜きダイエットとは、炭水化物を抜いて行うダイエットのことをいいます。

炭水化物はダイエットの大敵ですが、炭水化物を完全に抜きにしてしまうと体にあまりよくないので、できるだけ炭水化物を抜きにして低炭水化物のものを食べるというのがダイエットには効果的です。

では炭水化物を大量に摂取すると、何故太ってしまうのでしょうか。
それは、炭水化物を大量に摂取すると、胃腸で食べ物を消化する途中でブドウ糖が大量に生成され、血糖値が急激に上がります。

このため、この血糖値を下げようとすい臓からインスリンが大量に分泌されます。この状態になると、ブドウ糖は肝臓で中性脂肪に変わり、体にダイエットの天敵である脂肪が蓄えられてしまうというわけです。

そこで、インスリンの大量分泌を行わないために、炭水化物を抜きにしたり、低炭水化物を食べるダイエットが注目されているわけです。

でも、ダイエットに最適な低炭水化物の食べ物とはどのようなものなのでしょうか。

一般的に低炭水化物の食べ物はGI値が低い食べ物のことを言います。GI値とは、炭水化物を摂取することによる血糖値の上昇スピードを数値にしたものです。

このGI値はブドウ糖を100として算出されており、GI値が低い食べ物であれば、血糖値がゆるやかに上昇するので、脂肪がつきにくくダイエットに最適というわけです。

低炭水化物の目安はGI値が60以下の食べ物で、以下のようなものがあります。
・玄米
・さつまいも
・そば
・パスタ
・プリン
・ココア

ダイエット中の方は、できるだけ炭水化物を抜きにするか、低炭水化物のものを食べるように心がけてくださいね。

お酢でのダイエットといえば、バナナ酢や黒酢などが有名ですが、今回はりんご酢でできるダイエットを紹介します。

日本ではそれほど有名ではないりんご(リンゴ)ですが、アメリカではアップルサイダーヴィネガーと呼ばれていて、お酢といえばりんご酢というくらい親しまれています。

さてリンゴ酢ダイエットの方法ですが、基本的にはりんご酢を飲むこれだけです。

量としては、大さじ1杯のりんご酢を水で薄めて、1日3回飲むといういたって簡単な方法です。もし飲みにくい場合はハチミツなどをお好みで加えてくださいね。

りんご酢はアメリカでは風邪を引いたときなどの薬としても利用されています。リンゴ酢には、必須アミノ酸やカリウムが多く含まれており、黒酢と同じように血液サラサラ効果があると言われています。

また、りんご酢はダイエット中に乱れた体内環境を整えてくれたり、疲労回復の効果もあり、ダイエット運動の後などに摂取しても効果的です。

ただ、飲むだけのりんご酢ダイエットも、しっかり飲み続けなければ効果がありません。飲むだけなら毎日続けられるという方におすすめです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。